男性更年期

男性更年期

生活リズムの変化が影響 近年、男性にも女性と同じように更年期があることが分かってきました。 「加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群」と呼ばれ、筋肉や骨密度を維持したり、情緒面を安定させたりする働きがある「テストステロン」という男性ホルモンの減少によって起こります。 このホルモンは、通常、誰もが加齢とともに緩やかに減少していきますが、人によっては40~50代で急速に減ってくることがあります。すると、ほてりやのぼせ、多汗、めまい、動悸、息切れ、頭痛、肩凝り、筋肉痛、関節痛、手足のこわばり、排尿障害、不眠などのさまざまな身体症状が現れることがあるのです。また、気力の低下や意欲の減退、イライラなどの精神症状も起こりやすく、しばしばうつ病と間違われることがあります。 男性ホルモンは生活リズムの変化やストレスに影響されやすいため、まず睡眠をしっかり取ることを心掛けてください。 自律神経の乱れなども大きく影響します。整体術で自律神経の乱れを整えて不定愁訴を改善する事が出来ます。男性更年期に心当たりのある方はお気軽にお問い合わせ下さい。