肋間神経痛の痛みがなくなりました(*^^)v

 健友館ゆうき整体院の栗野雄二です。

webサイトをご覧いただきありがとうございます。

40代の女性のAさんですが、右肩甲骨の辺りから右脇腹にかけての

痛みがあり、ご来院いただきました。

整形外科で受診して、レントゲンの検査などしたそうですが、

肋骨の骨折やヒビもなかったそうです。

整骨院に行こうか迷ったそうですが、

初めての整体にゆうき出してお越し下さいました。

施術が終ると、背中から脇腹にかけてのいやな痛みが

なくなったととても喜んでいただき、笑顔で帰って行かれました。

ありがとうございました~(*^^)v

アンケート8

肋間神経痛についてまとめてみましたので、参考にして下さい!

  ↓   ↓   ↓   ↓

肋骨の間を走り、胸から腹部から腰の上部に延びる

肋間神経に沿って痛むのが肋間神経痛です。

背中から胸にかけて体の周囲を回るように

電気が走るような鋭い痛みが襲います。

痛みの発作はごく短時間で瞬間的なこともありますが、

繰り返すこともあり、特に呼吸に合わせて痛みを訴えることが多くあります。

肋骨に沿って痛みが走りますが、左右どちらの側にしか起こらないのが特徴。

 肋間神経痛の原因


肋間(ろっかん)神経痛は肋骨に沿って延びる神経が
傷ついたり刺激されたりして発症します

原因としては

● 外傷、病気によるもの

椎間板ヘルニア、事故による圧迫、骨粗鬆症による
骨折、神経疾患など


● ウィルスによるもの

ヘルペスウィルスにより、帯状疱疹及び肋間神経痛として
出現します。


●その他

原因がはっきりしない肋間神経痛の多くは、過度のストレスや
ビタミン不足が関係していると考えられています。

 肋間神経痛 背中の痛み

肋間神経痛の痛みは胸と思われがちですが
背中にも痛みが出ます。

肋間神経は背中から出て、胸腹部に分布する
末梢神経です。

背中から出た12対の胸神経の前肢が肋間神経です。

この神経に沿って痛みが出るので胸だけでなく
背中も痛みます。


肋間神経痛の原因にはストレスの影響もあります。


原因がはっきりしない肋間神経痛の多くは、過度の
ストレスやビタミン不足が関係しています。


病院で検査しても、はっきりした原因が見つからない場合は、
ストレス性の肋間神経痛の疑いがあります。


ストレスはさまざまな病気の元になりますが、
肋間神経痛ストレスから来る場合もあるようです。


現在、ストレスを感じていない方はほとんど
いないと思いますが

自分流、うまくストレスを解消する方法を探すことです。


スポーツ、ショッピング、音楽、お芝居を見る、旅行など
気分転換をすることも必要です。